ヤフオクは、買い手目線で好感されるような内容の出品画面を作れば、高く売れる可能性が増えます。

出品方法で落札価格が変わる

 

ヤフオクは同じ商品でも出品のやり方次第で入札件数や落札価格が変わってきます。

 

買い手側の目線で見た時に、

  • 必要最低限の説明と全体像の画像が1枚だけ掲載されている商品
  • 細かい商品詳細や状態の説明

 

各主要部の拡大写真等多数の画像を紹介している商品があった時に、どちらを買おうとする人が多いか?で考えてもらえれば結論は明らかです。

 

ヤフオク副業でより高く売る為の出品方法やポイントについて説明していきます。

 

 

 

商品説明のポイント

 

悪い情報もしっかり記載する
ヤフオクの出品で重要になってくるのが商品説明です。

より細かい情報を記載する事は基本となります。ここで抑えておきたいポイントは中古品などで商品の悪いポイントがある場合は、しっかり記載する事が大切です。

 

高く売りたいという思いから、細かいネガティブポイントは説明を省略してしまおうとする考えを持つ人もいますが、完璧な新品ではない商品を出品する場合は、悪いポイントを細かく紹介していかないと、買い手側から信頼してもらえない可能性があります。

 

普通の人であれば、気にせずに使用できるような状態でも、ちょっとした事を細かく紹介しておけば、信ぴょう性が高い商品と判断され、ポジティブポイントとして紹介している情報に信頼性が出て、記載されていない部分に関しても問題がなさそう。と判断してもらう事ができます。

 

また、悪い所も包み隠さず明記する事で信頼できる出品者だと判断されますし、
取引後のクレーム回避にも繋がります。

 

 

他社製品との比較説明も行う
出品商品のジャンルにもよりますが、ライバル製品や類似の他社ブランドがある商品の場合は、買い手側は比較検討している可能性が高いです。

 

この場合は商品説明で他社製品との比較を行いながら説明していく事が有効です。

 

明らかに出品している商品を他社製品に比べて過大評価して紹介するのではなく、劣っている部分があれば、そういった面もしっかり明記して、
○○の部分では劣るけど、△△の部分では優れている。
全体的なスペックや総合力は劣るけどコストパフォーマンスで優れている
などの説明はとても有効です。

 

更に、
この商品を買った経験が何度もある人は他社のハイスペックの商品がおすすめだが、初めて購入する人や利用する人は、安いこちらの出品商品がおすすめ
こだわりがある人であれば、他社製品。特にこだわりがなければ出品商品で充分
などといった、おすすめできる人を明確にする事も有効な手法です。

 

その他、自分で使っていた時の感想などを書いていく事で、買い手側からは、正しい知識を持っている中で出品・価格設定をしている出品者だという安心感を与える事も可能です。

 

このように商品のスペックだけではなく、買い手側が検討する際に気になっているような事を商品説明で分かりやすく紹介していく事が大切です。

 

 

 

画像掲載のポイント

 

カメラはスマホでも充分
出品情報に掲載する画像は、高画質である事も大切ですが、最近のスマホカメラ程度のスペックで充分な内容です。

最近ではスマホでヤフオクを利用する人も多いですし、遠くからの全体写真だけの掲載などにしない限り、大きく引き伸ばしたり、拡大して見る人はほとんどいません。
比較的新しいタイプのスマホカメラ程度の画質でも、要点を抑えた撮影や、複数の写真を掲載する対応をすれば全く問題はありません。

 

 

画像を4枚以上掲載する
ヤフオクでは、アップロード画像は3枚までしか行う欄がありませんが、ちょっとした手間を加えると4枚以上の画像を多数紹介する事ができます。

やり方はHTMLタグ入力を利用する事です。

 

既に自分のホームページを持っている人などは、そこのページに掲載された画像を引張てくる事も可能ですし、ホームページやHTMLに関する知識がない人であれば、画像追加掲載の為のHTMLタグ入力支援サービスが無料で多数あります。

 

 

代表的なサービスを紹介すると
フォトアップ  http://photo-up.jp/
などが無料で初心者にも利用しやすくてオススメです。
その他ネット検索していただければ、類似サービスは多数出てきます。


 

 

 

HTMLタグ入力を活用する

 

ヤフオク出品の商品説明には通常入力HTMLタグ入力を選ぶ事ができます。

 

HTMLタグ入力を利用すれば、画像掲載で紹介した通り、制限なく多数の画像を掲載する事が可能です。その他にもHTMLタグ入力を利用すれば、文字を大きくしたり、下線を付けたり真ん中表示などよりわかり易い商品説明分を作る事が可能です。

 

ヤフオクをはじめるにあたり、最初のうちは通常入力や、ヤフオク画像掲載支援サービスだけでも充分ですが、副業として定期的に出品していくのであればHTMLタグ入力をある程度使えるようになっておくととても便利です。

 

HTMLなどのプログラミング技術がなくても、タグのフォーマットサンプルを検索して引用していく方法などもあり、決して難しい事ではありません。

 

通常入力の出品よりも、より見やすくインパクトの大きい出品画面を作成できれば、当然多くの買い手からも注目を集め、好感される出品情報となります。