ヤフオクで出品する方法と手順は簡単ですが、手順も多く奥の深い内容です。

ヤフオクの利用方法

 

YAHOO!のIDを取得する

ヤフオクを利用するには、まずYAHOO!IDの取得を行います。
既に持っている方はログインをしましょう。
IDの取得までは利用手数料無料でお手軽に利用する事が可能です。
出品ではなく落札に関しては、無料会員でも制限なく利用する事が可能です。
(自動車・オートバイ・船・不動産など特定のカテゴリーを除く)

 

 

プレミアム会員を取得する

出品をする場合は月額税込410円のプレミアム会員に加入する事が必要です。
ヤフオクのオプション画面か、出品する。の画面からプレミアム会員への登録を行いましょう。
YAHOO!JAPANと提携しているソフトバンクの携帯やスマホのオプションとして利用する事も可能です。

 

プレミアム会員になれば、ヤフオクで出品できるだけでなく、クーポン情報や動画の閲覧をはじめ、様々なサービスが利用できるようになります。

 

 

スマホアプリをダウンロードしよう

ヤフオクはパソコンや携帯スマホのWEB画面から利用する事も可能ですが、スマホをお持ちの方であれば無料アプリをダウンロードしておくと便利です。
アプリ検索画面から「ヤフオク」と検索してみましょう。

 

 

 

出品する

 

かんたん取引を設定する

ヤフオクで2015年1月28日よりはじまった新サービスで、出品をした後の買い手側とのやり取りを簡略化する為のツールとして、取引に必要な各種情報を入力し、取引連絡はボタンをクリックするだけで対応可能とこれまでの取引手順をより簡略化させたかんたん取引がリリースされました。

 

便利なサービスですので副業としてヤフオクを利用するのであれば、設定をしておくと良いでしょう。

 

ただし車などの高額で特殊性がある商品を出品する場合は、従来通り取引ナビで詳細を確認しながらのやり取りをオススメします。

 

 

カテゴリーを選択する

出品画面に進んだら、まずはカテゴリーを設定します。
買い手側が商品を検索するのに非常に重要な内容です。
なるべく小分類でその商品に最適なカテゴリーを設定します。

 

 

商品の説明情報を入力する

商品説明には通常入力とHTMLタグ入力の2種類があります。
最初のうちは通常入力でも充分ですが、商品説明のポイントについては「出品のやり方で落札価格は変わる」のページでも紹介しています。

 

 

販売方式を選択する
  • オークション方式(終了日時に一番高い金額を入札していた人が落札)
  • 定額方式(希望する値段で買いたい人が現れたら、その時点で取引成立)
  • 定額方式・値下げ交渉あり (購入検討者に対して値下げ交渉を行う事を可能にさせます)

以上の3つの販売方式を選択します。

 

確実に売りたい場合はオークション方式か定額方式とし、急ぎで売らなくてもいいが値段次第なら売る事も検討する商品は値下げ交渉の設定を行います。

 

販売方式は、値段設定や商品特性によって上手に使い分ける事が必要。

 

買い手側がすぐに欲しがるような商品であれば、オークション終了日時を待たなくても購入できる定額方式を利用したり、オークション方式で希望落札価格(即決価格)を設定するなど、使い方はさまざまで、状況に合わせてそれぞれの販売方式を使い分ける事が重要です。

 

 

価格設定を行う

開始価格は必須。
即決価格は任意設定。
最低落札価格(スタート価格を低く設定して買い手側にいくら以上なら実際に売るかという情報を開示させない機能)となっています。
事前に市場リサーチをして、価格設定を行いましょう。

 

 

個数を設定する

同じ商品の在庫が複数ある場合は、個数を設定すれば、ひとつのオークションで設定した数の落札を受付できます。

 

 

開催期間を設定する

出品開始日は早めがおすすめ。
終了日は、多くの人が時間を作りやすい日曜日の夜にするのがおすすめです。

 

 

商品発送元の地域・送料負担・支払い方法・返品の可否を設定する

特記事項があれば、商品説明の欄を使用する事も可能です。
中古品であれば、商品の状態を設定します。
なるべく細かく、落札後のトラブルがないように設定をしましょう。

 

 

画像をアップロードする

3枚までアップロード可能です。
画像なしで出品する事も可能ですが、掲載した方が買い手側に信頼を与えます。
写真の取り方次第で、入札件数が変わる事もある重要な項目です。

 

 

取引オプションを設定する

入札制限は悪い評価の割合に設定がおすすめ。
認証制限は商品の特性によって判断。
その他自動延長・自動再出品の設定を行います。

 

 

PRオプションの設定をする

各種有料オプションの設定が可能です。利用しなくても問題はありませんが、料金は数十円程度~と安いので、販売価格が高い商品は活用する事もおすすめです。

 

 

送料・配送方法を入力する

送料の明記は重要な項目です。
実際に落札した場合に送料がいくら発生するかを、あらかじめ明記しておかないと落札後のトラブルの要因になります。
必ず事前に対応可能の業者と送料を明記しましょう。
なるべく安く信頼性の高い配送方法を選ぶのがポイントです。

 

 

確認画面の内容を確認する

必要な情報を入力したら、確認画面を再度入念にチェックしましょう。
出品後に追記事項を載せる事も可能ですが、なるべく不備のない状態で出品しましょう。

 

 

出品後の対応

出品してから、落札が行われるまでの期間は質問受付の対応を行ったり、状況に応じて追記事項の入力・早期終了や出品取り消し・値下げ交渉を行う事が可能です。
質問の内容などは質問者以外も閲覧可能となるので、なるべく丁寧な対応を行います。

 

 

落札後の対応

落札者とのやり取りを、かんたん取引で簡略化させる事や、取引ナビと通じたやり取り、連絡先を交換するなど、様々な方法があります。
商品の特性や落札者側の対応に応じて、適切な対応を行うようにしましょう。

 

ヤフオク副業を行う場合、落札者からの評価が最も重要な項目だと言えます。
状況によっては簡単にアカウントを取り直す事もできますが、「非常に良い評価」を積み重ねる事で、買い手側の信頼を得る事ができるのがヤフオクです。

 

落札後も丁寧な対応で、非常に良い評価をもらえるように対応していきましょう。