ヤフオク副業は利益が出ていない時点では確定申告も各種届け出も行う必要がありません。

税申告や各種届け出

 

ヤフオク副業をはじめるにあたって、税申告のルール各種届け出について理解しておく事が必要です。

 

厳密なルールや、これからヤフオク副業をはじめるにあたっての考え方について説明します。

 

 

 

まずは軽い気持ちではじめてみよう

ヤフオク副業を行う場合は、結論から言うと確定申告や古物商の取得・状況によっては個人事業主の開業届け出などが必要になってきます。

 

これだけを聞くと、ヤフオク副業を始めるのを躊躇ってしまう人もいるかもしれませんが、これからヤフオク副業をはじめる場合は、すぐに税申告や各種届け出は必要になりません。

 

まずは軽い気持ちで始めてみて、ある程度の手応えを掴んだ時点で、正式に副業ビジネスとして続けていくかを検討する流れで全く問題はありません。

 

 

確定申告が必要なのは、一定以上の収入が出た場合のみ
  • 給与所得者であれば年間30万円以下の利益。
  • 主婦や学生などの収入がない人であれば年間20万円以下の利益

までは確定申告不要となります。

 

実際には、こうした定められた年間利益を若干上回ったくらいの申告漏れでは税務署が動く事はほとんどありません。
年間数百万円など、まとまった利益を出せるようになった場合は、必ず確定申告するようにしましょう。

 

 

身近な不要品の処分は非課税

自身または家族が生活のために使用する、家具や衣服・車などの生活必需品を売却した場合は非課税となり、当然確定申告不要になります。ヤフオクで出品したら、すぐに税申告が必要になる訳ではありませんので、安心して最初の一歩を踏み出しましょう

 

 

古物商の申請はある程度、軌道に乗ってから

ヤフオクやフリーマケットなどの個人売買で物を売る事自体には古物商の取得は必要ありません。古物商を取らなくてはいけない基準は、業として営む事(ビジネスとして利益をあげる事)を目的とする場合になります。

 

確定申告が必要なのは、一定以上の収入が出た場合のみと紹介していますが、ある程度の利益を出した実績ができて、今後は税申告も行って正式に副業としてやっていこうと思うタイミングで古物商を取って頂ければ、充分に間に合います。

 

古物商は税理士や司法書士を利用すると手数料等で10万円ほどの費用が発生しますが、自分で申請を行えば印紙代などのおおよそ約2万円の費用で取得する事ができます。

 

 

 

税申告は白色申告と青色申告どっちが良い?

まずは基本的な話ですが、

  • 主婦の方が開業届け出を出さずに確定申告を行う場合は白色申告
  • 個人事業主としての開業届け出を出して行う場合は青色申告

になります。

 

この2種類の使い分けの明確な基準は特にありません。
ある程度の利益が出ていたとしても、白色申告を利用し続ける事も可能です。

 

 

おすすめなのは青色申告

ヤフオク副業で軌道に乗って、今後も継続して行っていく事を考えているのであれば、開業届け出を出して青色申告を利用した方が、特別控除や経費で計上可能な種類が増えますので、有利となります。

 

白色申告でも、ヤフオクに関しての利用手数料や発送を行う為の雑費等を経費計上する事は可能ですが、青色申告であれば、申告方法によっては、家賃やネット使用料などの一部から、飲食代などを経費計上できる可能性があります。

 

また、10万円または65万円の特別控除があり、税制面でも青色申告を利用した方が有利になります。個人事業主の開業届け出は費用もかからず簡単に行えます。

 

 

主婦の場合は年間利益38万円に注意

ヤフオク副業で主婦の方が確定申告必要なラインは年間30万円以上となっていますが、主婦の方の場合、もっと重要な基準が38万円になります。

 

この数字は、配偶者等の扶養に入れる基準となっていて、年間38万円以上の利益を出してしまうと扶養から外れてしまうので注意しましょう。

 

38万円という基準は、経費などを抜いた純利益での数字となります。